早稲田大学政治経済学部の偏差値や特徴、入試情報を詳しく解説!

早稲田大学政治経済学部の偏差値

早稲田大学政治経済学部の偏差値

早稲田大学といえば、全国的に知られているとても有名な私立大学ですが、その偏差値はいくらくらいなのでしょうか。

政治経済学部について見てみます。政治経済学部は、3つの専攻コースから成り、それぞれ偏差値が違います。

偏差値の算出の仕方には様々あるので、調査機関によっても違いますが、政治専攻コースの場合は67.5です。経済専攻コースなら70.0、国際政治経済専攻コースなら67.5と言われています。

一般的には偏差値50.0が平均値と言われますから、早稲田大学政治経済学部がどれだけ高いかが分かります。

早稲田大学には、その他にも様々な学部や学科がありますが、どの学部学科も、大変偏差値が高いことで知られています。

早稲田大学政治経済学部の特徴

早稲田大学政治経済学部の特徴

国内の私立大学の中で最難関と言われている大学の1つに早稲田大学が挙げられます。マンモス校としても知られており、院生も含めると約5万人もの学生が在籍しています。

そんな早稲田大学の中で最も有名な学部と言えば、政治経済学部だと言えるでしょう。一般的に、大学で政治を学べる学部は法学部だと考えている方は多いのではないでしょうか。

しかし、実際の政治は経済と密接に関わってくるものです。早稲田大学の政治経済学部は、経済の動きを政治・社会の仕組みと合わせて分析していくのが最大の特徴です。

この大学の政治経済学部には政治学科・経済学科・国際政治経済学科という3つの学科があります。また、著名な経済人や政治家を多く輩出している点もこの学部の特徴です。

早稲田大学政治経済学部の入試情報

早稲田大学政治経済学部の入試情報

早稲田大学政治経済学部の入試情報によると、一般入学試験のほかに大学入試センター試験利用入学試験やグローバル入学試験などの方法で受験することが可能です。

一般入学試験では、外国語、国語のほかに地歴・公民または数学が試験科目となっています。外国語は英語の他にドイツ語、フランス語がありそのなかのひとつを選択することが出来ます。

大学入試センター試験利用入学試験は、外国語のほかに国語、数学、地歴・公民、理科が試験科目になっています。地歴・公民は世界史B・日本史・地理B・現代社会・倫理・政治・経済・倫理、政治・経済のなかからひとつ選択します。

グローバル入学試験は書類審査のほかに、英語能力審査や論文審査、面接などによって合否を判断します。