慶應義塾大学商学部の偏差値や特徴、入試情報を詳しく解説!

慶應義塾大学商学部の偏差値

慶應義塾大学商学部の偏差値

慶應義塾大学と言えば全国的にも知られているとても有名な私立大学です。中でも商学部は人気の学部で、毎年たくさんの学生が受験します。

では、商学部の偏差値は一体いくらくらいなのでしょうか。入試にはA方式とB方式があり、A方式は65.0、B方式は70.0と言われています。A方式では受験科目が英語、数学、地理歴史です。

B方式には英語、地理歴史、小論文です。商学部といえば文系の学部なので、数学よりは小論文の試験を選ぶ学生が多く合格倍率も高くなるため、必然的にB方式の方が偏差値が高いということになるようです。

慶應義塾大学にはその他にもたくさんの学部がありますが、それらの中で比べると商学部の偏差値はちょうど真ん中あたりのようです。

慶應義塾大学商学部の特徴

慶應義塾大学商学部の特徴

慶應義塾大学商学部といえば、慶應義塾大学の中でも人気のある学部で、毎年たくさんの学生が受験します。

どんな特徴のある学部なのでしょうか。慶應義塾大学商学部では、必修科目をなるべく少なくして、学生の自由選択の幅を広げています。情報処理、数学・統計学教育が充実しているのも特徴と言えます。

また、分析能力の基礎となる数学、応用数学、統計学も4年間にわたって履修できるカリキュラムです。専攻科目としては、財務会計各論、ミクロ・マクロマーケティング論などがあります。

また、卒業後の進路に強いという特徴もあります。公認会計士試験の大学別合格者数ではなんと42年連続1位です。ジャーナリストになったり、官公庁に就職する学生も多いようです。

慶應義塾大学商学部の入試情報

慶應義塾大学商学部の入試情報

慶應義塾大学商学部の入試情報としては、一般入学試験と、指定校による推薦入試と、高等部の塾内進学の3通りの入塾方法があります。一般入学試験には、受験科目の違うA方式とB方式の2種類の受験方法があります。

A方式の受験科目は、コミュニケーション英語などを含んだ英語科目、世界史Bと日本史Bと地理Bの中から1つを選択する地理歴史と、数学の3科目です。

B方式の受験科目は、A方式同様の英語科目と地理歴史と、さらに数学に代わって論理的理解力が問われる論文テストの3科目となっています。

指定校による推薦入試は、指定校からの学校長推薦に基づく推薦入試制度です。塾内進学は、高等部の成績で上位から行きたい学部を選んでいく制度です。