慶應義塾大学経済学部の偏差値や特徴、入試情報を詳しく解説!

慶應義塾大学経済学部の偏差値

慶應義塾大学経済学部の偏差値

慶應義塾大学経済学部は、伝統がある各部で、難易度が高い学部のひとつです。慶應義塾大学経済学部には、A方式とB方式があり、偏差値が高いのはB方式です。

A方式は数学が必須となっているため、数学が得意な場合には、A方式を受験する選択肢もおすすめです。

その他、英語、小論文です。B方式は、英語、日本史、OR世界史、小論文となっており、文系科目のみで受験をすることができるため、自分にあっている方式を選ぶとよいでしょう。

日本史と、世界史は、出題範囲が限られていますので、あらかじめチェックしておきましょう。

慶應義塾大学経済学部の偏差値は、60代の後半です。倍率はA方式、B方式、どちらもさほど変わりませんが、A方式の合格最低点は420点中、238点、B方式は420点中268点です。

慶應義塾大学経済学部の特徴

慶應義塾大学経済学部の特徴

慶應義塾大学の経済学部は、慶應義塾大学の看板学部です。多くの財界人を輩出しているのが特徴です。教授陣に関しても、私学の雄であるため、トップレベルの方々がそろっています。

入試難易度も、慶應義塾大学経済学部は私立の経済学部の中でトップレベルですから、入試の難易度も高いのが特徴です。そして、文系の学部ではありますが、数学での受験をすることもできます。

私大文系といえば、遊んでも進級をすることができるイメージですが、三年時に進級するにあたって習得しなければならない科目があって、単位を取らないと進級することができません。

そのため、私大文系でも、進級が比較的難しいのが特徴です。しかし、その分学生の質は高いです。

慶應義塾大学経済学部の入試情報

慶應義塾大学経済学部の入試情報

慶應義塾大学経済学部は、慶應技術大学の看板学部です。多くの財界人や政治家を輩出してきている学部ですし、そのほかにも多彩な分野で活躍している方も多いです。

そんな慶應義塾大学の入試情報は、大学のホームページで見ることができます。大学のホームページでは大学の紹介をしていて、慶應義塾大学がどのような学校であり、どういった授業を行っているのかを知ることができますが、入試情報も得ることができます。

例えば、日程や受験科目などの情報は、資料を請求するだけでなく、ホームページでも見ることができます。ただし、試験の申込をするには、郵送で申込書類を送ってもらう必要があります。これは、パンフレットの請求をすればもらうことができます。