偏差値が高い経済学部を大学ごとに一覧で紹介します!

早稲田大学政治経済学部の偏差値は?

早稲田大学政治経済学部の偏差値は?

早稲田大学政治経済学部の偏差値は67.5~70.0であり、早稲田大学数ある学部の中でもトップクラスの偏差値を誇る特徴があります。一時期は日本の私学の文系の学部でも超難関に分類され、併願校としては東京大学の文科二類などに相当するとします。早稲田大学政治経済学部を卒業した有名人も多く、卒業後の就職状況においても有利です。経済専攻と政治専攻の二つに分けられますが、経済専攻の方が人気もあるため、若干、偏差値も高いのが特徴的となります。

塾・予備校をお探しの方はコチラ

慶應義塾大学経済学部の偏差値は?

慶應義塾大学経済学部の偏差値は?

受験生にとって、憧れの大学が慶應義塾大学だと思っている人は多いです。当大学は、理系から文系まで全ての学部がある総合大学であるということが特徴の一つでもあり、学部によって、学力レベルが大きく異なります。慶應義塾大学経済学部は、日本の経済学部の中で最も入学することが難しく、偏差値は70でも足りないほどです。経済界、法曹界でも有名な人を輩出しており、小泉元総理なども当大学の経済学部の出身です。付属高校などがありますので、普通に受験をする場合には、相当の学力が必要です。

偏差値55以上全国大学偏差値ランキング2018年

慶應義塾大学商学部の偏差値は?

慶應義塾大学商学部の偏差値は?

慶應義塾大学商学部の偏差値は、A方式とB方式による受験方法が存在しますが、A方式は65.0、B方式が70.0となっており、B方式の方が高いです。A方式とB方式は受験科目に相違があり、A方式が英語、数学、地歴でB方式が英語、地歴、小論文の受験科目となります。募集定員は1,000名となりますが、A方式は3倍前後、B方式は8倍前後とB方式の方が競争倍率が高い傾向が見られ、他に小論文なども存在するため、難易度もあるのが大きな特徴となっています。

上智大学経済学部の偏差値は?

上智大学経済学部の偏差値は?

上智大学経済学部は大学選びの口コミサイトであるみんなの大学情報によると偏差値65.0で、大学全体としての偏差値は57.5-67.5であるため大学内でレベルの高い学部であると言えます。経済学部内には経済学科、経営学科の2学科あり経済と経営に関する最先端の国際的動向を研究する講師陣から学べることが特徴です。またネイティブ教員による英語での講義もあるためハイレベルな問題を解決へと導く能力を備えたグローバルな人材育成を行っています。

経済学部偏差値ランキングはこちら

早稲田大学商学部の偏差値は?

早稲田大学商学部の偏差値は?

早稲田大学商学部の偏差値は60から65と高く、他の大学の商学部も受験することになるので結果倍率が高くなるだけでなく偏差値を押し上げる結果となります。受験科目が3科目だけというところも特徴で、すべての科目で上位を狙わなくては合格できないことになります。受験者数が多いのにもかかわらず平均点が高いというのも成績の良い受験者が多いことを表しています。閉眼合格率では京王の商学部を上回っています。数学の難易度が高く、社会のレベルも高めなので私立の上位学校を狙う人の併願校になることも偏差値を押し上げる結果となっています。